体臭の中でも精神的な要因から発生する体のニオイは、「ラーメンのうえのネギ」のようなニオイで、
ストレス臭を感じると緊張などが加速する可能性があるといいます。

コミュニケーションの現場において、見た目よりも「ニオイ」というものがより大きなインパクトを残すことがあります。
パーソナル空間ではより一層感じるものです。
嗅覚はほかの五感に比べて脳への伝達の道が短く、より印象に残りやすいためなのがその理由にです。

ストレス臭とは、「皮膚ガス」というもので、体の状態によって皮膚から発生するガスを指し、
血液採取などよりも平易に体の状態をモニタリングできるというものです。
皮膚ガスというものは千差万別で一定の特徴がつかみにくいものです。

対人的なコミュニケーションで緊張する人に特にこのガス臭がするということです。
研究の結果、ニオイは「ジメチルトリスルフィド」と「アリルメルカプタン」という硫黄化合物であることが判明しました。
これは、運動することによる発汗などでは発生せず、心理的な変化によって生じることを確認しているということです。

ストレス臭が気になるあなたは、コチラの参考サイトをご覧ください。