脱毛を行える機関といえば、クリニックと脱毛サロンなどのエステという二つがあります。どちらも光を照射して行う脱毛を行えますが、実は大きな点で違いがあります。

クリニックで使っているのは、レーザー脱毛機と言って、レーザー脱毛機というある一定の周波数の光を照射するタイプの脱毛機で、医療器具に指定されています。そのため、レーザー脱毛器は医師や看護師といった医療従事者以外に使用できず、看護師も医師の指示がなければ使用できない機器となっています。

一方で脱毛サロンなどで使うのはフラッシュ脱毛機と言って、複数の周波数の光を照射するタイプの脱毛機になります。出力がレーザー脱毛機に比べると低くなっており、特に医師の指示などが無くてもエステシャンなどでも使用することが可能な脱毛機になっています。低出力ですが複数の周波数の光を照射することが出来るため、広範囲の脱毛を一気に行うことが出来るという特徴があります。

低出力の光を照射するため肌にかかる負担はレーザー脱毛機よりは少なくなりますが、その分一回の照射で得られる脱毛効果は低いと言われています。レーザー脱毛機はその反対で、一回の照射で得られる脱毛効果は高いものの、しっかりと肌の状態を確認して出力の強さを決めていく必要があるデリケートな脱毛機ということができます。