各自動車には自賠責と呼ばれる言わば強制加入保険がかけられていますが、この保険は万一の事故が起こっても十分に弁償することが難しいものです。そのため、自動車を購入したら不足分をカバーするための、自分の意志で加入することのできる任意保険が必要と言われています。自賠責には限定的な補償しかなく、しかも対人のみに支払われるのに対し、自分で補償の内容や上限を決められるのが任意保険の強みです。事故というのは相手に対しての補償だけで済むわけではなく、車同士の事故であれば自分の怪我や車両への修理も費用がかかるのですが、これらに対しても補償されるのが任意保険となっています。当然ながら加入しなくても刑事罰に問われることはありませんし、事故さえ起こさなければ問題はないのですが、事故とは自分だけが起こすものではないという点に注意しなくてはいけません。避けられない問題や不意のトラブルが起こると、補償がなければ自分の生活すら危うくなるので加入しておくのが必須であると言われているのです。

参考サイト:http://ipodphoto.biz/