介護の悩みがではじめた時に考える老人ホーム。

一言で老人ホームと言ってもどんな種類があるのでしょうか。

よくニュースでも取り上げられるのが特別養護老人ホームですが、
地方自治体などが公的に運営している施設で
主に重度の介護者が入居しています。

利用料が安く長期的に入所が可能なため人気がありますが、
待機されている方がとても多く入居できるまでに
かなりの待ち時間が必要となります。

特別養護老人ホーム以外では民間事業者が運営する
さまざまな種類の施設があります。

例えば介護付有料老人ホームやグループホーム、住宅型有料老人ホームです。

これらは要介護者や認知症の方が身体介護やリハビリ、食事、清掃などの
幅広いサービスを受けることができる施設です。

費用は比較的安めのところからかなり割高なところまでさまざまなため、
入居を考えた時に施設を比べてみると良いでしょう。

今は介護を必要としていなくても高齢で不安があったり、
バリアフリーの環境で過ごせる高齢者専用賃貸住宅も増えています。

どの施設が良いかは介護度によっても変わってきますので、
入居基準についても調べることが必要です。

入居の際は健康診断を受けることが定められており
連帯保証人も必要になります。

参考サイト:http://shinobilabs.com/