心配なことがあると胃が痛くなる。緊張すると心臓がバクバクする。
このようにストレスがかかると体に色々な症状が現れます。ストレスによって体が反応します。

そして過剰に反応することによって、病気を引き起こすことになります。
十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群といったものは精神的な問題がからだに異常となって現れる症状です。

今、問題になっている生活習慣病も精神的な原因があって、生活習慣を改善できないことによって起こる病気だと言われています。

また、アレルギー、喘息といった病気も精神的な要因が絡んでいます。
激務、試験といったもので悪化することがあることからわかると思います。

心身症で体に現れる症状というのは数知れません。
偏頭痛、めまい、急性胃炎、食道痙攣、月経困難症、肥満、頻尿、挙げればキリがありません。

そしてこれらの症状は一旦、治まっても、またストレスがかかると再発するという厄介なものです。
本来、原因であるストレスを除去するのが1番の治療方法になります。

 

http://www.bc6558.com/