高いジムへ通ったり、ダンベルなどの筋トレ器具を購入しなくても、自重トレーニングをすることで身体を絞り、筋肉質の
細マッチョに生まれ変わることができます。

自重トレーニングとは、字の通り自分の体重を負荷としてダンベルやバーベルなどの重りを使わないトレーニング。 主な種
目は、腕立て伏せ、逆立ち、チンニング(懸垂)、スクワット、バックエクステンション(背筋)などです。

まずは腕立て伏せですが、可能であればふつうの腕立て伏せではなく、脚を椅子などに上げてできるだけ負荷がかかるように
してゆっくりと行います。また、スクワットは、痩せる筋トレと言われ代謝を増やすのに効果的な筋トレです。コツは、手を
頭の後ろで組んでしっかりと腰を落とすこと。より負荷をかけるために、本などの重量物を入れたリュックを背負うことも効
果を高めます。

また、並行して有酸素運動も行いたいものです。ジョギングやなわとび、水泳などを少し息が弾む程度の強さで継続してくだ
さい。

筋トレは、楽なものではありません。そのため3日坊主で終わる人がほとんどです。でも、ある程度まで継続できれば、脳に
習慣化がインプットされますから、トレーニングすることが当たり前になります。この段階までくれば、自然にボディは改善
され、体脂肪率も大きく変わってきます。

何のために自重トレーニングをしてボディを改善しようと始めたのか!挫けそうになったら、あらためて目標を思い出してく
ださい。

ビルドマッスルの副作用