食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますので、摂取するときには種類を確認するようにしましょう。果物からはペクチン、コンブからはアルギン酸、コンニャクからはグルコマンナンという水溶性食物繊維を、摂取することが可能です。

腸の粘膜を守る効果やコレステロールを吸着して体への吸収を防ぐ効果や食後の血糖値の急な上昇を防ぐ効果などが、水溶性の食物繊維にはあります。飲み物タイプのサプリメントには水溶性食物繊維が含まれていることが多く、腸内環境をよくして消化能力を向上させる働きも持っています。

野菜ジュースや、青汁などの商品も、食物繊維を効率的に補うことができます。飲むだけで食物繊維の補充になりますので、とても重宝します。不溶性食物繊維は、便秘気味の人におすすめです。便のボリュームを増やす効果がありますので、腸内を刺激して蠕動運動を促します。

サプリメントとしては不溶性のほか水溶性の食物繊維も配合して、粉末で摂取するタイプのものや、錠剤のサプリメントなどがあります。食物繊維のサプリメントを使うことで、普段の食事だけでは足りなくなりがちな食物繊維を確実に補給することができます。

必要量の全部をサプリメントで摂るのではなく、まずは食物繊維の多い食品を調べて、それらを意識的にとるよう心掛けることも大切です。白米を玄米に変えたり、小麦粉のパンを小麦胚芽入りや、全粒粉入りのパンにすることで、一回の食事での食物繊維の量を増やせます。

昆布、ひじき、わかめといった食物繊維の豊富な食材を使った献立に切り替えるのもいいでしょう。普段の食事内容を見直し、食物繊維多めの食事にシフトした上で、足りない分はサプリメントで補給すると、十分な量が摂取できます。